インプラント治療をするあたり頭に入れておくべきこと

歯を失ったらインプラント治療を

インプラント治療は、歯を失った人を助けてくれる治療法です。大泉学園エリアには優秀な矯正歯科がありますので、理想的な仕上がりをしてくれるでしょう。しかしながら、あるポイントについて頭に入れておかないと、治療した意味が無くなってしまいます。

これぞプロのワザ!インプラント治療は歯を失った人を救ってくれる

インプラント

手術後は腫れる場合があることを考慮する

インプラント治療を受けた後、場合によっては手術した箇所が腫れてしまうことがあります。腫れが引くのに個人差はありますが、数日から1週間程度かかる可能性があります。「手術を受けた後に、重要な予定が入っていたが、腫れがひどいので予定がキャンセルになった」なんてことがないように、手術をする場合は、余裕をもったスケジュールを組みましょう。

施術

体調管理に気をつける

軽度のせき程度なら問題ないのですが、体調が酷いと手術を受けることができないケースもあります。万全な体調で手術に臨むことができるよう、しっかりと体調管理はしておきましょう。

口元

タバコは吸わないようにする

喫煙をしているのであれば、禁煙を実施しましょう。喫煙することで、口の中の血行が悪くなってしまいます。埼玉には腕利きの歯科医師がいますが、いくら腕が良くても、タバコを吸ってしまうと、インプラント治療に使う部品が骨とくっつきにくくなってしまいます。それを防止するためにも、禁煙をしてください。

インプラント治療するメリット

no.1

噛む力が戻る

最大のメリットではないでしょうか。歯を1本失っただけでも、噛む力は弱くなります。そうなると、食事の時に十分に咀嚼することができずに、消化不良を起こしてしまうことがあるのです。インプラント治療をすれば、よく噛むことができるので、消化不良を起こすことはありません。

no.2

コンプレックスが無くなる

目立つ部分の歯を失ってしまうと、人に見られるのが恥ずかしくなります。しかしながら、インプラント治療を受けると、そのような悩みも解消します。

no.3

健康な歯を削る必要がない

ブリッジ治療の場合だと、隣り合った歯を削る必要があります。インプラント治療は、歯が無い箇所だけを治療しますので、他の歯に負担をかけることはありません。

no.4

会話ができる

歯が無いと場合によっては、会話がしづらくなります。インプラント治療で歯を再生することで、歯を失う前と同じようにお喋りを楽しむことができます。

no.5

アゴの骨がやせるのを防ぐことができる

歯を失った場合の悪影響として、アゴの骨がやせることが挙げられます。インプラント治療をすることで、そのようなことを防ぐことができます。

インプラント治療には2種類ある

インプラント治療には、一回法と二回法の方法があります。一般的には二回法の施術をする場合が多いです。今回は二回法はどのような流れで治療するのか、簡潔にまとめました。

二回法での治療の流れ

施術箇所を切り開く

まずインプラントを埋め込む箇所をメスで切開することから始めます。当然のことながら、痛みがないように麻酔を投与します。

アゴの骨を削る

インプラントを埋め込む箇所のアゴの骨を、専用のドリルで削り穴を空けます。十分な深さになるまで、慎重な作業を要求されます。

インプラント体を装着

十分な深さまで穴を空けたら、インプラント体を埋め込みます。その後、インプラント体が完全に隠れるように歯肉を縫合します。

骨にくっつくまでしばらく待つ

インプラント体とアゴの骨がくっつくまで、数ヶ月を要します。焦る気持ちを抑えつつ、気長に待ちましょう。

歯冠を装着する

インプラント体とアゴの骨がくっつきましたら、再度歯肉を切開します。その後、アバットメントを装着し、「歯冠」と呼ばれる人工の歯をアバットメントの上の部分に装着して、治療は完了です。

[PR]
西新宿にある歯医者を利用しよう
お口の悩みをしっかり解決☆

広告募集中